ヘッダーロゴ

いい暮らしができそう。

宇宙の根源「道(タオ)」と合一するために 代々、”香”を練る家柄がある ー その末裔たる、中国の仙人が 北極老人のために練り上げた 幻の香・北極老人「正陽」・「安魂」 その香りが鼻を抜けるとき 天使と溶け合うような悦楽に誘われ、 神仙の如き景色を、見ることができる。


一瞬にして、未体験の宇宙意識へ 現代を生きる仙人が作る、究極の香 その香りは、異次元空間を創る ー 「幻の香・北極老人」は、ただの線香ではありません。宇宙意識とつながる場を創造する「究極の瞑想アイテム」です。 北極老人の一人の盟友が、中国の秘境に赴いたとき。古代より伝わる「道教」の奥義にもとづき、数百年間、線香を作り続けてきた家柄の末裔に出会ったのです。 彼は、香の原料となる”水”に着目し、その仙人の卓越した香を、さらに進化させる秘策をひらめきます。特殊な波動(音)によりエネルギーを極限まで高め、さらに北極老人が神事に執り行った”神水”をたずさえて、再び仙人のもとを訪ねたのです。「この水で、究極の香を作ってほしい」と。 仙人は、その神水のエネルギーの高さに感激され、「北極老人の名に恥じぬ線香を作る」と、この線香を練り上げました。 北極老人、曰く、この宇宙を構成する5つの要素「木火土金水」の全エネルギーが、この香に封じ込められている、と。 その香りが誘うナチュラルハイな感覚のなかでは、天才的な頭脳、直感力が目覚め、イメージが現実化しやしすくなり、超越的なアイデアが降りやすくなります。さらに、その同じ空間にいる人と、えもいえぬ”一体感”を生み出すのです。



最も効果の高い焚き方こちらの品は、きわめて繊細な香りを放つ高級線香ですので、その効力がいかんなく発揮されるよう、できる限り、空間を調えてからご使用ください。最もおすすめの焚き方は次の通りです。一、掃除・整頓をして、部屋の気を整える。二、別売りの「線香・備長炭麗」を焚き、5~10分ほどしてから換気。煙とともに邪気を追い出し、空気を入れかえる。三、別売りの「変若水スプレー」をまき、空間をエネルギーで満たす。四、「安魂」を1センチほど折り、焚く。点火の際は、その火種を「これは神様の宿る聖なる火だ」と見立てることが重要。なお、別売りのエネルギーキャンドル「豊受」または「天照」の火から着火すると、いっそう効果が高まる。五、最後に「正陽」を1センチほど折り、焚く。



幻の香・北極老人「正陽・安魂」
正陽(しょうよう) 6g×15本
安魂(あんこん)  6g×15本

正陽 外なる働き。空間のネガティブな気を一掃し、清々しく静寂かつ、活力に満ちた場を生み出します。

安魂 内なる働き。脳が冴え渡る覚醒状態と、深い瞑想状態が、同時に訪れたような、未体験の意識を誘います。


幻の香・北極老人「正陽・安魂」

価格 ¥ 110,000 税込
[ 1,000 ポイント進呈 ]