ヘッダーロゴ

いい暮らしができそう。

悠久の時と日本のイヤシロ地。このめでたい出逢いと和合から寿塩は誕生しました。

 

西オーストラリア中央、荒涼とした原野の中に白く輝く広大な湖、デボラ塩湖。

500万年もの大昔、海が荒れくるい、波しぶきがインド洋からの強い風に乗って運ばれ、偶然そこに溜まって出来たといわれ、「雨季には湖、乾季には塩」

このサイクルを毎年繰り返しています。

 

周囲50キロ四方には人家や農場や工場が無く、流入河川も無いため、

「清浄さ」が保たれています。乾季、自然に浮き出てくる結晶。

それを最後人が削り採って集めるだけ。

 

そんな素朴な塩にさらに塩と相性の良い炭を用いて「木炭熟成加工」を施しています。

高い山々の連なる信州の大地に大量の炭を埋めて「イヤシロ地」を創り、

そこへ集まった大地のイブキ「大地電気」を、木炭を通して塩に込める、という品質向上法です。

原材料 デボラ塩湖
内容量  1kg
工程  採掘/粉砕/再包装後に木炭熟成加工
製造元  コトホグ屋(長野県佐久市協和602-1)

コトホグ屋の寿塩

価格 ¥ 1,430 税込
[ 13 ポイント進呈 ]